Welcome to my homepage!

初めまして。

一般社団法人RISK WATCH コンサルタント、講師の奥田悦子です。

代表理事は、前在日米海軍司令部統合消防隊予防課長の長谷川祐子で、危機管理教育を行っております。リスクに対処するためには、知識と技術が必要です。

危機管理の考えを身に付けることで、生き抜く力を育みます。

また、横浜市でRisk Watch Yokohama Fire Team(リスクウォッチ横浜ファイヤーチーム)を立ち上げ、横浜市消防局南消防署様のご協力を頂きながら、子供たちへ学校の勉強とは違う、生き抜く力を育てる教育に力を注いでおります。

子供たちがどう育っていくのか、どうぞ温かく見守っていただけましたら幸いでございます。

どうぞよろしくお願い致します。

Risk Watch

アメリカ式危機管理教育


「自分で自分を守る子供」「災害時に活動できる子供」になるために、アメリカの火災教育では、子供のうちから火災予防の教育を徹底的に行っています。

Smart Kids Yokohamaでは、在日米海軍司令部統合消防隊予防課で20年以上勤務、現在はリスクコミュニケーターとして全国の消防学校や自治体、学校や企業などでアメリカ式危機管理教育を教えている長谷川祐子先生監修のもと、幼稚園から小学校向けクラスを実施しています。

「自分で自分を守る子供」「災害時に活動できる子供」になるために、アメリカの火災教育では、子供のうちから火災予防の教育を徹底的に行っています。

Smart Kids Yokohamaでは、在日米海軍司令部統合消防隊予防課で20年以上勤務、現在はリスクコミュニケーターとして全国の消防学校や自治体、学校や企業などでアメリカ式危機管理教育を教えている長谷川祐子先生監修のもと、幼稚園から小学校向けクラスを実施しています。


■ちょっぴり英語!


たとえ2歳のクラスでも10歳のクラスでも、ちょっぴり簡単な英語を使います。

それは、英語を話せるようになってほしいから?いいえ、違います。英語を聞いてもびっくりしないで、「なんて言ってるんだろう?」と、興味を持ってほしいからです。

英語を好きになりましょうというわけではなく、嫌いにならないでほしいのです。

知らないことを知るチャンスを楽しんでください。

 

■実際にやってみる!


机上の空論ではだめです。

実際に体を動かす、声に出す、そうしないと知識と技術は簡単に身につきません。

恥ずかしい気持ち、嫌だなぁ、自信ないなぁという気持ちはいっぱいあるでしょう。

でも、いざという時に自分の身、そして家族を助けることができるんだ!と気づいたとき、子供たちの目はキラキラと輝きます。

子供はただ泣いて助けを待つだけの存在ではありません。

ちっちゃな一人前なのです!

■楽しく学ぶ!


防災教室って、つまんないでしょ?自分の体に火が付いたらどうやって消す?そんなこと教えなくても、うちの子は火遊びなんてしませんから。

そう思う方も、ぜひ一度ご参加ください。

楽しく学ぶ。でも、知識と技術は大人顔負けのものが身につく。

一度身につけたものは、小さな芽となり、その子の将来にいい影響をもたらすでしょう。

思いもよらなかった危険が、身近に起きるようになってきました。

知識は武器です。

知識と技術で戦える大人になる第一歩、始めませんか?